Loading...
cafe10

東洋医学について

H THREE CAFE カフェ

ORIENTAL MEDICINE
東洋医学の考え

東洋医学の考え東洋医学では、カラダは「気」「血」「水」の3つの成分の働きとバランスによって健康を維持することができていると考えられています。
「気」は生命活動のエネルギー、「血」は栄養が豊富な液体、「水」は血以外の水分です。
これらのどれかが足りなかったり、巡りが悪くなるとココロやカラダに不調としてサインがあらわれます。



ORIENTAL MEDICINE & MEAL
東洋医学と食

東洋医学と食「気」「血」「水」の働きとバランスを正常に保っているのは主に五つ内臓【五臓】の働きのおかげです。
この五臓(肝・心・脾・肺・腎)の働きに対応して、東洋医学では様々な食材が五つに分類がされています。
H3では例えば、イライラしやすい、むくみやすいなどの症状から五臓のどこが乱れているかを診断し、その方のカラダの状態に合わせたドリンクをおススメさせていただいてます。



ORIENTAL MEDICINE & YOGA
東洋医学とヨガ

東洋医学とヨガ東洋医学とヨガを掛け合わせた【五臓ヨガ】では、「気」「血」「水」の働きとバランスを保つ【五臓】の働きを『ヨガ』という側面からアプローチします。
「各臓器のツボ・気の流れを意識し、オリジナルのアーサナ(ポーズ)をとることで、「気」「血」「水」のバランスを整え、健康な自分へと導きます。